任意整理の新常識ガイド

 

任意整理の常識について。任意整理をする場合、その恩恵を受けられる人と、そうでない人がいます。恩恵が受けられないのは2010年以降に消費者金融でお金を借りた方々は、任意整理の手続きをしたとしても減額の効果が少ないもしくは減額されないのです。そうなる理由ですが、改正貸金業法の影響です。2010年の6月に貸金業法が改正されたことにより上限金利が大幅に引き下げれています。

現在では上限金利が利用限度額に応じて15%~20%でしたが、2010年以前は29.2%が上限でした。そのため、2割以上の金利で契約していると違法な金利をとられていたことになり、請求すれば払いすぎた利息分が戻ってくる過払い金が発生していることがあるのです。2010年以前から長く借金を返済し続けている人であれば、利息制限法以下の金利に引き直すと大幅に借金が減額されることあるのです。

つまり、任意整理の新常識とは2010年以降に消費者金融等の貸金業者と契約されて返済始めた人は、すでに上限金利が引き下げらてた後の契約者となりますので、違法な金利を支払っているということがなくそのため、この手続きをしても減額の効果があまりないのです。

得られる効果としては、受任通知を消費者金融に発送しますので電話や書面での督促が一旦ストップします。また、任意整理をすることで今後金利が発生せず返済できます。